オススメ香箱蟹

香箱蟹」とはズワイガニの雌で、地域によってさまざまな呼び名があるようですが、
主に石川県で「コウバコガニ」と呼ばれています。
(お隣の福井県では「セイコガニ」と呼ばれているそうです)

今年のズワイガニの漁期は11月6日から翌年3月20日までで、
中でも雌の香箱蟹は12月29日までと、獲ってよい期間がかなりの短さ。
これは、産卵する雌を保護し、カニの数を減らさないようにするためです。
つまり、食べられる期間がとても短い、貴重な冬の味覚というわけです。
メスなのでオスのズワイガニに比べて随分小さいのですが、
外子(卵)と、甲羅の中にある内子(未熟成卵)、かに味噌が絶品!
コクがあり旨みが凝縮されたカニミソと内子、
ぷちぷちとした食感がたまらない外子、
他のカニでは味わえない旨さなのです。
小さいため足の身も少ないですが、味はズワイガニよりも濃厚で甘みがあります。
この「香箱蟹」をぜひ味わっていただきたくて、当館佳水郷では当日の御注文でも承ります!
チェックインの際に『女将ブログ見ました~』とお申し込みくださいませ。
殻から身を外しお召し上がり易く御夕食時にお出ししております。
(準備もございますのでお食事の際でのお申し込みはお受け致しかねます。どうぞ御到着時にお申し込み下さい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です